白菊酒造 新着 / お勧め情報 ブログ

白菊酒造 新着 / お勧め情報 ブログ

Posts by shiragiku:

    四季徒然 墨絵のような朝の雪景色

    2月 21st, 2011

    成羽は深くはありませんが年に何回かは雪が積もります。先日の降雪では蔵の周りの山々に雪が降り、明け方の日の光の関係や朝霧が相まって自然の墨絵を見るようで思わずシャッターを押しました。

    No Comments "

    蔵ぶろぐ 生もと仕込み開始

    2月 12th, 2011

    今年も生もと仕込みのお酒を造ってまいります。本日「もと摺り」(山おろしとも言います)を終えました。今年は飛び入り参加があり、岡山地酒応援団の末次理事長様他3名様に意欲的にもと摺りをお手つだいただきました。特に1番櫂(最初のもと摺り)はまだ物量が硬いのでなかなか大変です。そしてなんと2番櫂まで参加していただきました。みなさま大変お疲れさまでした。普段使わない部分の筋肉を使ったと思うので末次理事長、お店の仕事は大丈夫かな? 末次さんのお店「どんたく」 〒700-0904 岡山県岡山市北区柳町1丁目3−10 086-234-3505 ‎ 岡山地酒応援団 http://okayama-sake.main.jp/ の連絡先ともなっております

    No Comments "

    蔵ぶろぐ&イベント 笛の響きと良酒醸造 ~雲龍氏による笛の演奏~

    2月 12th, 2011

    先日 蔵内で大吟醸の2本目の仕込を終え、それに併せて笛演奏者の雲龍氏をお招きしてもろみタンクの前で幽玄なる笛の音色を聞かせていただきました。当日は国内外で高い評価を得ている岡山市在住のガラス作家 松島巌さんも同席され、成羽町美術館での展覧会がきっかけとなったコアガラス製のオカリナが手渡され、蔵内の社員全員と関係者が良酒醸造を祈念し、音寿 香具之笛、悠久 北印度之笛、瑠璃 ホピの笛、虚空 コアガラスの笛、瑞穂 江平之笛、龍舞 吉佐美之石笛、転生之笛の各演奏をじっくりと聞き入りました。前にブログでもろみに良い音を聞かせていることは申しましたが、このときは生の音であり、お話によればCDには入らない特殊な領域の音がでているとの事でした。酵母も生き物ですからわれわれと同様にこの音に耳?を傾けてくれたかもしれません。きっと素晴らしいお酒が育まれる事でしょう。雲龍氏ホームページ http://d.hatena.ne.jp/rurinohikari/ 松島巌氏成羽町美術館作品展(終了していますが記録のアドレスはこちら http://www.kibi.ne.jp/~n-museum/matsushimaiwao.html

    No Comments "

    蔵ぶろぐ 最低気温

    1月 31st, 2011

    今年は大寒波が押し寄せ、日本海側の各地は豪雪が続いて交通マヒなど大変なことになっています。岡山は瀬戸内側とはいえ山沿いの成羽町では今年最低気温となり、近所の外気表示板は-8度が出ていました。当蔵のある日名地区は町内より1度程低くなるのでおそらく-9度になっていたでしょう。ここまで下がると室内にもかかわらず水道が凍ったり、ポンプ類が動かなかったりと大変な一日となりました。冷え込みすぎるのも困りますね。

    No Comments "

    蔵ぶろぐ 子守唄?

    1月 25th, 2011

    今年の仕込では、特殊なスピーカーを発酵タンクに着けて一部のもろみに唄を聞かせています。酵母も生き物ですからここち良い唄が響けばさらに良い酒を醸してくれるはず。

    No Comments "

    蔵ぶろぐ 大吟醸留め仕込み

    1月 22nd, 2011

    本日、大吟醸の留め仕込みをしました。良い蒸し米が出てきています。朝方の外気温も-1、2度位で乾いており、放冷するのにはちょうど良い形となりました。

    No Comments "

    ほびぃぶろぐ 兼高かおるさんの本。

    1月 21st, 2011

    久しぶりに本屋さんに立ち寄り、色々と物色していたら、ふと懐かしい方?の本が目にとまりました。タイトルは「わたくしが旅から学んだこと」で表紙に兼高かおるさんが微笑んで写っておられます。その場で即購入しました。
     思い出せば子供の頃、日曜日の朝はこの番組と言うイメージが強く残っています。11:00(岡山地方では。)からだったと思いますが、番組の冒頭のパンナム(今は無き・・・)の協力、三井グループ提供やBGM、芥川隆之さんとの軽妙なトークなどが走馬灯のように浮かんでまいります。番組は昭和34年(私の生まれる前!)から始まってなんと約31年も続き、160カ国を訪問されたとのこと。正に金字塔というべき番組でしょう。
     今は楽に海外旅行が出来るようになりましたが、当時は1ドル360円時代でかつ外貨持ち出し制限もあり、又ヨーロッパなどへは50数時間かかったなど数々の困難がある中、しかも女性一人(スタッフもカメラさんとアシスタントの2人位しかついていないかった!)という状況は今さら凄い事だったんだなと素直に思います。(比較レベルが違いますが、現在のエコノミークラスの窮屈さも何のことは無いと考えてしまいます・・・)
     ご本人は現在82歳(私の母と同い年!)。番組の中で「~ですのよ。」の言い方が思いだされますが今でも上品なおばあちゃまと言った感じですな。←(芥川さん風)久々にいっき読みした本でした。

    No Comments "

    蔵ぶろぐ 仕込真っ最中!吟醸酒の搾りやら大吟醸の麹やら

    1月 15th, 2011

    日本は冬真っ只中。お酒の仕込みも真っ只中でございます。蔵のある日名地区は結構冷え込みますが、今年の最低気温は今のところ-6度。どうも今年はしっかり冷え込んでくれそうなのでありがたいです。でも人間にとっては厳しい寒さではございますが・・・
    本日、大吟醸の「添え仕込」用の麹の「仲仕事」を行ないました。画像の通り、ビーズ球のような32%の精白米にコウジカビがすこーしづつ菌糸を伸ばしているのが見えてきております。又、「上槽じょうそう(お酒の搾り)」は純米吟醸酒を搾りました。きき酒しましたが、とても良い出来ではないかと三宅杜氏共々喜んでいます。今年はお米の状態があまりよろしくないといわれていて、確かに割れたり、「もろみ」で溶けなかったりしましたが、なんの、そこは腕の見せ所。今のところ良い香りと味のバランスがとれたお酒となっています。これから次々と搾っていく「もろみ」にも大いに期待しています。

    No Comments "

    お知らせ ホームページ更新中

    1月 15th, 2011

    新年おめでとうございます。が、ぎりぎり間に合いましたでしょうか?!あっというまに松の内も終わろうとしております。さて、お気づきの方もおられるかと思いますが、只今ホームページの更新を少しづつ進めております。何かとご不便をおかけする所多いとは思いますがじわじわとがんばってまいりますので何卒よろしくお願い致します。

    No Comments "

    お知らせ 秋のイベントが目白押し

    10月 6th, 2010

    長い間おやすみ頂いており、申し訳ありませんでした。大変久し振りのブログ投稿となりました。いよいよ成羽の早朝の山々には雲海が降り始め、田圃も色づきあちこちで稲刈りが始まっています。さてこの秋はお酒のイベントが目白押し。これからのイベントのご案内を申し上げます。先ずは毎年恒例岡山の地酒が大集合の「ええじゃないか岡山地酒2010」は今年で10回目を向かえる岡山の地酒を応援していただいている岡山地酒応援団様のイベントです。今回は秋の桃太郎祭りと共催ということで、会場はなんと岡山城前広場の中に設けてあります。又、岡山県内の酒蔵を中心に、日本酒、焼酎の他、地発泡酒、ワイン、リキュール等がそろっています。試飲は500円でグラスをお買い求めいただくとすべてのお酒が試飲でき、又少量お試しになりたい方にもチケットがご用意してあります。どうぞ秋の一日を岡山地酒でたっぷりとお楽しみください。

    開催日時:平成22年10月9日(土)〜10月11日(月) 午前10時〜午後4時

    会 場:岡山城中段広場

    試飲券:当日500円/クーポン400円
    ※クーポンは応援団HPより打ち出してご持参ください。

    http://okayama-sake.main.jp/

    同時開催イベント 「地酒電車 クロ 走ります。」

    今年も「ええじゃないか」にあわせて地酒電車を運行いたします。
    岡山駅前−清輝橋−岡山駅前−東山−城下−岡山駅前(終点)
    車中呑み放題、特製弁当、「ええじゃないか」のチケット付

    日 時:平成22年10月9日(土)10日(日)、午後16時30分集合 17時00分発車

    集合場所:岡山駅前の岡電電車乗り場

    参加費:お一人様 2,500円(要予約先着25名)
    (酒・肴弁当付)

    お申込は電話かFAXで
    (086)234-3505

    主 催:NPO法人 岡山地酒応援団
    岡山市柳町1-3-10
    TEL/FAX (086)234-3505

    お申込・お問い合わせ:(086)234−3505
    (岡山地酒応援団事務局)

    No Comments "

    ぶろぐとデジカメと言い訳と

    6月 27th, 2010

    久しぶりの書き込みです。変な題名で申し訳ありません。実はデジカメを無くしてしまったのです。しかもメモリーカードが入ったままで・・・ブログに使用する為の撮り貯めした画像データがパー。約1ヶ月半の記録がなくなりました。すぐにバックアップしなければならないことを改めて思い知らされました。申し訳ありませんが今後、幾つかのブログは画像なしでUPするものがあるかもしれませんのでご了承下さい。

    ぶろぐとデジカメと言い訳と はコメントを受け付けていません。

    FM岡山 “フレッシュモーニングオカヤマ”出演。

    4月 29th, 2010

    FM岡山の朝の番組「フレッシュモーニングオカヤマ」岡山県酒造組合提供毎週水曜日「MODE 日本酒」コーナー(9:45~9:55位)で弊社のお酒の紹介をさせていただきました。DJは「森田恵子」さんです。この日は特にお奨めしたいお酒を4点ほど持ち込み、森田さんに実際に試飲して頂いたのです。森田さんの軽快なトークに始まり、いよいよ試飲となりました。

    さて飲みっぷりの良い事!?そしてコメントの素晴らしさ。“こんな方にぜひ日本酒を飲んでいただきたい”と思わせるコメントには逆に私の方が酔わされたと言う感じで「才色兼備というのはこの人のような事をいうんじゃな~」と思いました。あっと言う間の10分間でした。

    森田さん、スタッフの皆さまお世話になりました。ありがとうございました。しかし、本番の間は終始緊張気味でうまくしゃべれなかったように思います。後で録音を聞くのがちょっと怖いような・・・ この後も次々と県下の蔵元が登場する予定との事です。ぜひお聞きください。

    FM岡山
    岡山近郊76.8MHz  津山 笠岡 新見80.4MHz 高梁 81.3MHz 久世 82.9MHz 備前83.8MHz 児島 84.1MHz 井原 84.3MHz

    森田さんのブログもご覧ください。 森田恵子の風かおる時間(とき)

    No Comments "

    蔵ぶろぐ 生もと仕込み 初搾り、きき酒!

    4月 19th, 2010

    生もと仕込みのもろみを搾り、きき酒をしました。搾り機出口の通称ふなくち(搾ったお酒が出てくるところ)から出てきた新酒を汲み、きき猪口で((ちょこ)専用の陶器で底に紺色の二重の円が入っている))

    まずは酒のテリや色を見ます。美しい黄緑色がかった新酒独特の色合い(「青ザエがする」とも言います)です。続いて香をきいていきます。青りんごを思わせる新酒ハナ(香り)が程よくあります。

    口に含むとまずは生もと特有の酸(総酸度で2.7~2.8)がドーンと責めてきました。続いて旨みが現れそしてすうーっと切れて行きます。なんとも今までの純米新酒には感じえなかったまったく異なった新鮮な出会いがそこにありました。強い個性が感じられ、美味い不味いと言った単純に言い表せない部分があります。これからどんなカタチでご案内できるか、新酒でも良いし、熟成もより良さそうで期待感に溢れたお酒が出来上がったのではと思っています。

    蔵ぶろぐ 生もと仕込み 初搾り、きき酒! はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ 生もともろみその後

    4月 7th, 2010

    今年の造りも終盤をむかえ、この間から様子をお伝えしている「生もと仕込み」が最終のもろみです。前回お伝えした状態から泡面「アワヅラ」もうって変わって「地」、「ボウズ」、「チリメン」などと呼ばれる落ち着いた状態となりました。しかし、さすが酵母は元気が良いようで、どんどん切れ(糖分が少なくなって)アルコール、酸がしっかり出てもろみ自体の味はそれらしくなってきました。もうしばらくで上槽を迎えます。

    蔵ぶろぐ 生もともろみその後 はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ 生もと仕込み 水泡、岩泡、高泡

    3月 26th, 2010

    先日仕込み終えた生もとのもろみに早くも泡が来はじめました。酒造用語でこの泡の状態を水泡、岩泡、高泡などといい、泡の状態でもろみの醗酵状態を推測します。(もろみの状貌(ボウ)と言いますが人間にたとえるなら、顔色を見て健康状態を判断するようなものかもしれません)通常ですと泡あり酵母は仕込み後5日~7日で醗酵による泡が立ってきますが、この生もとでは3日目で既にかなり泡が立ち上がっており、さらに5日には高くなり過ぎ、泡消し機をセットしました。香りも高くなり、青りんごのような爽やかな香りが出てきました。どうも元気が良すぎるんでしょうか?さて、これから中盤から後半にかけてどんな顔になっていくのか楽しみです。

    蔵ぶろぐ 生もと仕込み 水泡、岩泡、高泡 はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ 大吟醸きき酒

    3月 25th, 2010

    平成21酒造年(21BY)の大吟醸をきき酒しました。今年は“米が(もろみ中で)溶ける”という話がもっぱらで心配しましたが所謂“溶けて切れない(正常な醗酵が続かない)”ような極端なことは無く、もろみの醗酵日数はやや長めではあるもののバランスの良い仕上がりのお酒となりました。大吟醸は全国新酒鑑評会にも出品しますので、きき酒に力が入りますが、候補のお酒はどれもなかなか良いカタチなので迷ってしまいます。

    蔵ぶろぐ 大吟醸きき酒 はコメントを受け付けていません。

    ほびいぶろぐ 缶コーヒーの味

    3月 20th, 2010

    コーヒーが好きです。なぜ好きになったのか、今思えば昔アルバイト先で覚えたコーヒーの美味しさにハマってからだと思います。最近では手軽な缶コーヒーを良く飲むようになりました。缶コーヒーは日本ならではの形態です。又、恐ろしく速いペースで新製品が出てきているのではないでしょうか 。特に“微糖”をうたったモノが多いですね。各社甘みを抑える為に色々工夫をされておられますが、近年、「○○K」という甘味料の使用が目につきます。しかしこの甘味料、後口にず~っと残るのでいまいち。砂糖の数百倍の甘味度とも聞いたことがありますので素晴らしい効力を持っているようですが、個人的にはこれが入っていないモノも出してほしいなと・・・。

    ほびいぶろぐ 缶コーヒーの味 はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ 生もと 仕込み

    3月 16th, 2010

    いよいよ 生もとを使った仕込みに入りました。日本酒は仕込む時に少しづつ3段階に分けて水、蒸米、麹を加えて行きます。三段仕込みと呼びますが、まず最初は「添(そえ)」仕込みと言い一番物量が少ない仕込みです。このあと酵母をしっかりと増やす為「踊り」といって1日~2日ほど時間を取ります。その後「仲」、「留め」の仕込みを行い仕込みが完了するのです。

    蔵ぶろぐ 生もと 仕込み はコメントを受け付けていません。

    四季徒然 梅に鶯

    3月 14th, 2010

    “梅に鶯”とはよく言ったもので、蔵にある梅の花が7割方咲き、2~3日前から鶯の鳴声がしています。先週は雪が降り積もったというのに。春は確実に近づいています。

    四季徒然 梅に鶯 はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ 生もと 泡立つ!

    3月 12th, 2010

    27~29日目の生もと。先日温みとり(短時間の暖気入れ(温度を上げて)で頑強な酵母のみを残す方法)を行いました。この後酵母数がやや減少するとも言われますが、良い泡が立ち上がってきました。タフなモトのようです。

    蔵ぶろぐ 生もと 泡立つ! はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ 大吟醸搾る。 雫酒の良い香りと音色

    3月 10th, 2010

    本日 大吟醸の最後のもろみを袋吊りにて搾りました。ポタポタと滴るお酒の雫は水琴窟のような音色があり、大吟醸ならではの芳香が蔵内に漂います。今年も良いお酒に仕上がったようです。

    蔵ぶろぐ 大吟醸搾る。 雫酒の良い香りと音色 はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ 温故知新 生もと(きもと)造り

    3月 9th, 2010

    久しぶりの蔵ぶろぐです。 蔵内では次々と新酒が搾られ、良い香りが漂っています。さて今年の造りのなかで旧くて新しい?!取組みを行いました。酒母(お酒のスターターとなるもの)の立て方(造り方)として古くから伝わる製法に「生(キ)もと」があります。目に見えない微生物をうまく利用し、所謂永年の経験と技でお酒のもとを造った素晴らしい技術なのです。以前からキモトは「いつか挑戦したいモノ」の一つだったのですが、数年前から小試験をしてきて手ごたえを感じていました。現代の酒造りはほとんどが速醸もとといって安全に醸造でき、安定した酒質の得られる方法がとられています。その昔、温度計をはじめ、分析方法や機器、科学的な理論の無かった時代から速醸もと等が普及するまで連綿とこの方法でお酒が造られてきたわけですから日本酒のもと造りの基本法として学んでおく必要があると考えていました。現在もキモト造りをしているお蔵は幾つかあり、最近はキモトを復活させた蔵もけっこう増えてきているように聞きますし、灘の某大手蔵は大々的にPRされているところもあるようです。そんな訳で学べば学ぶほどキモトの魅力に取り付かれてしまい、ついに今年本格的に仕込みをはじめるに至ったのですが、文献を片っ端から読みあさり、理論は学べても実践は真っ白な状態からなので不安がありました。でもそんな時一つの出会いがありました。旧知の石川杜氏(広島県竹鶴酒造)に久しぶりにお会いする機会がありキモトの造りを教えて頂ける事になったのです。竹鶴酒造さんは個性あふれる素晴らしいお酒を醸され、特にキモト造りのお酒は石川杜氏の技が光る味わいのある逸品です。実際に直接蔵へお伺いすることも出来、色々と教えていただきました。又、木製道具の修理に関しても良い業者をご紹介してくださり本当に感謝しております。さて、仕込んでから数日経ていますがどうやらうまく行っているようで、良い泡と芳香、旨み、酸味、押し味のある初めてにしては上出来?のもとが出来つつあり、杜氏とふたりホッとしているところです。さてこれからこのモトで本仕込みをはじめていきますが、期待でワクワクしています。

    蔵ぶろぐ 温故知新 生もと(きもと)造り はコメントを受け付けていません。

    おしらせ 当ホームページでのお買物の2009~2010年 年末年始受付日のお知らせ

    12月 24th, 2009

    【2009~2010年 年末年始の商品の受付及び発送について】

    平素は当ホームページをご利用いただき誠にありがとうございます。
    お買物の受付日に付きましてご案内申し上げます。

    甚だ勝手を申し上げますが、2009年内のご注文受付は12月28日迄、年始のご注文受付は1月5日よりとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。尚、ご注文の内容によりまして運送便、決済等の都合上、品物の発送、到着が遅延する場合がございます。予めご了承いただきますようかさねてお願い申し上げます。

    おしらせ 当ホームページでのお買物の2009~2010年 年末年始受付日のお知らせ はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ 今年の蔵出し新酒しぼりたてと備中杜氏のにごり酒

    12月 23rd, 2009

    大変久しぶりの蔵ぶろぐとなりました。ここ数ヶ月の間色々なことがありましたがやっと少し落ち着いてきました。今年の仕込みも今のところ順調。先月末からおなじみの今年の新米で醸した「蔵出し新酒しぼりたて」と「備中杜氏のにごり酒」を発売始めております。今年のお酒はやや軽めに仕上がったと思います。香りもたっぷりありぜひこの時期ならではの味わいをご賞味ください。

    shiboritate nigori

    蔵ぶろぐ 今年の蔵出し新酒しぼりたてと備中杜氏のにごり酒 はコメントを受け付けていません。

    イベント 酒蔵文化祭 児島編 初呑み切り2009開催されました。

    9月 30th, 2009

    穏かな瀬戸内を望む児島にあります、十八盛酒造さんの蔵において、
    酒蔵文化祭が開催され、多くのお客様で賑わいました。

    初呑み切りには16蔵から自慢のお酒がならび、貴重?!な蔵元
    グッズの販売や、日本酒ベースカクテルサービス、特設コンサート
    会場、特産品や食べ物などの出展ブースが立ちならび、文化祭の
    雰囲気を盛り上げています。

    10時のオープンから続々とお客様がお見えになり、まっすぐ呑み
    切り会場へお越し頂きました。通常、我々はきき酒の時は「キキ
    ハキ」といって、利いた酒を出すのですが、ありがたいことに、(もっ
    たいない!)とおっしゃって、すべて呑まれる方がかなり多く、何度
    もじっくりと味わっておられました。

    やがてコンサート会場から地元バンドの演奏曲が蔵内に響き渡り
    蔵全体が盛り上がっていきました。そしてお客様には蔵元自慢の
    お酒を飲み、美味しいものを食べていただきながら、日曜日のひと
    時を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

    十八盛酒造、石合社長様はじめ、蔵人の方々には大変お世話に
    なりました。ありがとうございました。

    イベント 酒蔵文化祭 児島編 初呑み切り2009開催されました。 はコメントを受け付けていません。

    おしらせ 酒蔵文化祭 児島編 初呑み切り2009

    9月 24th, 2009

    岡山県産酒を推奨する会イベント

    昨年に続き岡山県産酒を推奨する会主催の秋のイベント、
    「酒蔵文化祭 児島編、初呑み切り2009」を開催致します。今
    回は倉敷市児島の十八盛酒造様にて、イベント盛りだくさんのお
    酒のお祭りを楽しんでいただけます。当社も出品いたしております
    のでブースにお立ち寄りください。
                <呑み切りとは>
    春に搾って秋からの出荷を控えタンクに貯蔵している酒を抜き取り、
    きき酒をしてその熟成具合をチェックする事を「呑切り」と言います。
    「呑切り」と言う言葉は、貯蔵タンクの下部に付いている呑口(のみ
    くち)というお酒を取り出す口を開ける=(切る)ことからきており重
    要な蔵内行事です。
    当日は県内17蔵お奨めのお酒をお選びいただき飲み比べて頂け
    ます他、特産品や食べ物が集合、大抽選会、コンサート、日本バ
    ーテンダー協会コーナーなど見所満載。ぜひご家族連れでお楽し
    みください。

    開催内容
    【日  時】  2009年(平成21年)9月27日(日)
            時間 10:00~16:00

    【会  場】  十八盛酒造株式会社  
         岡山県倉敷市児島田の口5-6-14
                 JR児島駅から4番バス乗り場より王子ヶ岳
                 国民宿舎前行乗車、田の口浜下車
           ※JR児島駅東出口より無料シャトルタクシーあり。     

    【料  金】  入場無料
           <初呑み切りは1,000円が必要です。>

    【主  催】  岡山県産酒を推奨する会

    【ご 注 意】 お酒の試飲イベントの為、公共の交通機関、電車、バス等
         (最寄の駅 JR瀬戸大橋線、児島駅)をご利用ください。
           (飲酒される方の運転、未成年者の飲酒は固くお断りします)

    【お問合せ】十八盛酒造株式会社 TEL:086-477-7125

    【イベント内容】
    ①「初呑切」と「試飲販売」  料金1000円 (50ml×5杯)
    推奨の会参加蔵(17場)のひと夏越したおすすめの酒(純米原酒~無ろ過酒~)の試飲。また、各蔵2種類ずつ(日本酒・焼酎・リキュール等)出品した中より、お好きなお酒を5盃試飲できます。

    ②大抽選会
      3回 <11:30、13:30、15:30> 抽選を行い、その場でお酒
      などがあたります。

    ③酒蔵コンサート
      児島出身のバンド゛ITADA-KEY”のコンサート

    ④展示コーナー
      酒米、酒造に関するパネル展示等
    ⑤日本バーテンダー協会コーナー
      日本酒ベースのカクテルをお楽しみいただけます。

    ⑥特産品コーナー
      美味しい食べ物・特産品が充実

    大きな地図で見る

    おしらせ 酒蔵文化祭 児島編 初呑み切り2009 はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ 海外からのお客様

    9月 23rd, 2009

    高梁市のインターンシップ研修でドイツから来日された女子学生さん3名
    が蔵見学に来社されました。市内でホームステイされているとの事でした
    がみなさん日本語がかなり上手く、私はドイツ語は全くわからなかったの
    で日本語が通じてほっとしました。
    今の時期は未だ仕込みが始まっていませんが、一通り日本酒が出来るま
    でを案内しました。ワイン醸造との比較を織り交ぜて説明しましたが何とか
    理解してもらえたと思います。最後にきき酒をしてもらいました。はじめはか
    なり緊張気味にきき酒をされていましたが、レギュラー酒と香りの高いお酒
    が良いとのコメントがあり、特に梅酒「香春梅」は3人とも大変気に入って
    頂きました、きき酒のおかげか、だんだんとリラックスされたようで、日本酒
    蔵の雰囲気を楽しんで頂けたようです。

    wp09_012kuraken_1

    蔵ぶろぐ 海外からのお客様 はコメントを受け付けていません。

    イベント 09’トライアル全日本選手権第5戦 中国大会

    9月 18th, 2009

    昨年に続き、高梁市川上町の原滝山トライアルランドで
    9月6日MFJトライアル全日本選手権が開催されました。
    前日には恒例のオーバー40s、レディスクラスが行なわ
    れ2日間たっぷりとトライアルを楽しめます。
    大会当日は普段は静かな原滝山も選手、観客、スタッ
    フ等で埋め尽くされ、名物の石灰岩のロックセクション
    や林の中のセクションと変化に富んだコースが楽しみ
    です。目の前で繰り広げられるスーパーテクニック!にはい
    つも驚きと感動の連続。
    さすがにIASクラスはギャラリーが多くセクションを移るご
    とに観客の皆さんも移動して(こちらもトライアル状態)の
    観戦です。トップ3は2ラップ目で絞られてきました。
    先日TVに登場し知名度アップのチャンピオン黒山選手
    は絶好調のようす。追いかける野崎、渋谷両選手は
    どこまで詰められるのか、昨年2位の小川選手は指
    の剥離骨折のハンデを抱えながらも虎視眈々と上位を狙
    っており、最後まで接戦が続きます。
    バイクに重量感を感じさせないIASクラスのテクニックとも
    相まって最後まで見逃せません。
    表彰式では当社のお酒はもちろん、たくさんの副賞が用
    意され選手の皆さんの顔もほころんで原滝山開催の思い
    出の一つになったようです。

    レース結果 IASクラス 優勝 黒山 健一(ヤマハ)
                  2位 野崎 史高(ヤマハ)
                  3位 渋谷  勲(ホンダ)
            IAクラス  優勝 本多 元治(ホンダ)
                  2位 小森 文彦(ホンダ)
                  3位 小野 貴史(ホンダ)
            IBクラス  優勝 山本 直樹(ホンダ)
                  2位 松岡 一樹(ホンダ)
                  3位 宮本 竜馬(ホンダ) 

    イベント 09’トライアル全日本選手権第5戦 中国大会 はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ アメリカの日本酒’09-7

    9月 18th, 2009

    今回は西と東でかなりタイトスケジュールということもあり、お得意様への訪問もわずかな時間でしたがお邪魔することができました。ブルックリンの「BOZU」さんへ オーナーのまことさんとしんさん手作りのお店。まことさんはめでたく今春ご結婚され、遅ればせながらのお祝いと当日の様子のスライドを拝見。料理はおすすめの「キングクラブとグレープフルーツのサラダ」「銀だらのグリル」で銀だらは酒粕で漬込んだ一品。こちらでも日本酒とあわせてしっかり美味しく頂いて大いに盛り上がりました。続いて久々のそしてイベント会場での盛り上がりの続き?で、イーストビレッヂの「UMINOIE」さんへ。ミカさんとムツミさんの美女お二人のアットホーム(というか日本にいるよう)なお店。前回もブログに書きましたが何せここの出し巻きの旨さは絶品。出しの旨さの秘訣は五島のあご出しだからでしょうか?まずはエイひれでちびっとはじめていろいろと頂きましたが閉店間際までお邪魔してしまいました。 BOZU 296 Grand St.Brooklyn, NY 11211 TEL(718) 384-7770  UMINOIE  86 E. 3rd St. (bet. 1st & 2nd Ave)TEL: 646-654-1122 

    蔵ぶろぐ アメリカの日本酒’09-7 はコメントを受け付けていません。

    蔵ぶろぐ アメリカの日本酒’09-6

    9月 18th, 2009

    いよいよニュヨークSAKEEXPOが開催されました。毎年来場者が増え、それにつれて会場も広くなって、今年はホテルの広大で、天井の高い(2階部分あり)ホール貸切となっていました。開始後しばらくはパラパラといった感じでしたがすぐに会場満員。会場にはなんと以前ブログでご紹介した「uminoie」のミカさんも各ブースの応援に駆けつけて下さっていて、懐かしい話で盛り上がりました。そしてご来場のお客様は、新しいビジネスを提案して下さる方、ニューヨーク近隣の都市(といっても飛行機で)からのお客様、等々本当に日本酒に対して熱心な方ばかりでした。こちらのイベントも5時間のスケジュールでしたがあっという間に過ぎてしまいました。ご来場いただきありがとうございました。また、JFCのスタッフの皆様ご苦労様でした大変お世話になりありがとうございました。

    蔵ぶろぐ アメリカの日本酒’09-6 はコメントを受け付けていません。

    Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 Next