白菊酒造 新着 / お勧め情報 ブログ

白菊酒造 新着 / お勧め情報 ブログ

蔵ぶろぐ 仕込み vol.1

仕込みが本格化してきました。蔵ぶろぐでは仕込の様子などを時々ご紹介
してまいります。現場の雰囲気が少しでも伝わればと思いますが、文中の
専門用語の注釈が多くなり、読みづらくなると思いますがお許しください。

さて、19BYも=【BY とはブルワリーイヤーの頭文字で酒造年度のことで
す。7月から翌年6月までがその年の醸造年度となっています。】 12月に
入り蔵内がさらに活気が出てきました。
新米は次々に精米され、「枯らし」=【精米後の熱をさまし水分調整等を
する期間】 が終わった米を次々と洗い、浸漬し、蒸上げていきます。この
原料処理が後の作業に大きく響いてくる為、大事な工程です。
洗米 蒸米
蒸しあがった米の一部を麹(こうじ)に仕上げていきます。麹造りは酒造り
の要。麹室(こうじむろ)に入った蒸米は2日かけて麹となります。
引込 出麹
「出麹」(でこうじ)=【 麹が出来上がり麹室(むろ)から出されること】 さ
れています。仕上がった麹は独特の焼き栗に似た芳香、栗香(くりが)が
します。

カテゴリー: 蔵ぶろぐ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ブログサイトの先頭へ戻る   ページ先頭へ